2014年03月12日

大阪のフリー雀荘での場代を解説E

裏が乗らなすぎて困ってる。

第61話匂い!!?』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-
いよいよ、8月26日(金)深夜24時〜朝6時に、
われポン放送されますね!しかし、CS放送・・・。
皆、何切ります?競技ルールでお願いします。
テンパイなら鳴いてもいいかな。



下家が7mポンして1m切り。

そんな俺に手厳しい誕生日プレゼント。

掘り起こしてしまった・・・
6.桜井章一先生
兄「うーん、でもタンってのもなあ……」
レベの3巡目の超ッ早リーチ、自分2シャンテンで・・・無スジ2連打!!→追っかけリーチメラメラ
アンカンできないのが一般的なルール。





ゴルフ場として 有名ですね
流局(´・ω・`)チーン
多分流します。

深々と頭下げ逃げるように歯医者を後にしました。


上達しないものです。



なかなか 常連のようには いきませんね
どちらかと言えばロリ枠なので脱いだらガッカリです。
門清狂〜メンチン何切るゲーム〜
集合時間は、追って連絡します。



5sが通れば十分に戦えそうです。


(画像は、公式ブログから拝借させて頂きました)
圧倒的に4sよりもカン2sの方が和了れると感じていました。


先日、ブログで紹介したカプリウォッチですが
星氏のブログ(カプリウォッチ)
サンヴィレッジ直伝ビックリマーク感性の七対子で準決勝1位通過アップ
参加無料で、賞品総額も140万との事。

カンは時に助けてくれる。


【集計方法】連続する7対戦の最高成績を競います
良かった。

大体4割くらいは計算になるので、
ことがわかります。
起家が人にも 苦手だったりする方にも 公平でありたいと 思って採用した独自のルールです。


希望がなければ適当に斡旋します
相手の打点が読めるかなと思ってた時期もありましたが、
そんな局面でも 基本的に ギャラリーになっちゃいけません
アタマを3mにするか、6pにするかの選択。
なお、給料日前のため戦術本は持ち越し(;´Д`)ノ オーノー
5〜6人の具体名があったので、かけた次第です。
確かに雀荘の魔術師のチーム対抗戦に出場させてもらうことになりました。



雀荘の魔術師配分はラス引きが痛い、収支配分はトップ以外不遇。

その日は麻雀ノイローゼでした叫びあせる
なぜ、麻雀はトップを取るのが重要なのか?
ロン2ブロガーリンク更新
すべて「解答」があります。
実利重視の西園寺家にはまったくもって不要な考えだ」

手なりで手をつくって行動はまずしないと考えられます。

先日、半荘数をアップしました。

グルっぽでルールを募集したところtadamitiが
Aルール希望ということだったのでAルールで開催
/`Yuャ==-、`ヽヾリ"/_,.
70000点トップ〜( ̄∇ ̄)ワハハ

ツイッターでも、親しみのあるつぶやきをされてますので、ぜひフォローしてみて下さい。

まぁ、チャンタなんて狙わなくても普通にこれ和了ってたような気がしますが・・・。



4人でやる ゲームなので残り3人との 相性や ツキの
偏り具合なども 関係してきます
現状微差のトップ目ではある。




ま、ざっとこんなもんかしら」ファサ
これあがっても寒いよねえ。


自分23700、下家28900、対面23700、上家22700。



下家に鳴かれてもいいし。
われポン観たさに「スカパー!e2」16日間無料体験サービスに申し込んでみた。


ボラティリティが高かった。

6sとか止まるわけがない。

兄「よし、じゃあ始めるか」

上家があがれば2位だからね。




■Aルールを打ってみた感想ひらめき電球
放銃も少なかったけど、メチャクチャな鳴きもできなかった。


妹「ま、まあちゃん、ダチョウ、Cigar、女流アマ、kei50、ゲストのノンラス、
しーら他観戦された皆ありがとうございました(^∇^)
アニキ覚醒

今回の兎の隠れた見所は、対峙シーンの女性キャラの
謎のジョジョ立ちですね。

兄「自業自得すぎて何も言えねえ」
序盤は、あがりが連発したが、中盤から・・・
次の週末ではないですが(火)は、
雀荘の魔術師アイドル、美影あや氏がゲスト。


兄「せっかくここ最近硬派なブログになってきたのに、またこの
役で上がるっていうことは非常に難しいんだ。


ツキを呼ぶ打ち方、ツキを呼ぶ振り込み方があるのかもしれない。


■ユースケ
後 きれい好きなんでしょうか、座るとすぐに
話してくれた。


単純に上家の切った牌は当たり牌になりにくいと考えています。
開催場所は、「マーチャオ」で行われます。

っていう疑問が絶えずあるからです。


別に地獄とかじゃなく、ただ自分が弱かっただけ。


候補としてあげてるのは次の3つ!



おすすめ記事




posted by Mactut at 06:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。