2013年05月27日

大阪のフリー雀荘でマナーは取ろう

中林の賛成論「橋「!!!」2、橋が十分になりえるという感じおよび感覚、それはうわ橋として働いたか、それを聞く瞬間に混乱していました。

必要だったことがたった今それを直撃にしたことだったという後悔を保持して、手がツモ山で拡張された時、3索がそこにありました。

100,002,000,030,000,700,008,000,090,001は2を送ります、3を送る、4を送る、4を送る、南の他家・ドラ6麻雀牌がそうである1本の索2索ツモ3索ドラを送る、達すると制限された3つの色だけ?

南4ゲーム、東の家渋川34600、南の家中林43600、西のIegiフィールド11800、北家金10000

本部の勝利によって、オーラスは完全に中林の賛成論を備えた一騎討ちになりました。

しかしながら、当然、金色の賛成論および木原の賛成論がさらに競争しているので、それは勝つために来るでしょう。

得られた配牌は「初期で高い手よ来い」を祈って、これに似ていました。

100,002,000,070,000,800,009,000,090,001の内部で、8を送る、白いドラ7索がそうである5の索6索東北を送る、感覚の力、さらに、話す無?

しかしながら、それはさらにツモに恵まれており、11番目の巡の中のそのような手にさえ成長してなりました。

70,000,800,009,000,090,007本の麻雀牌8 --2の索4索5索6を送る、索6索7索9、索

3が点棒によく色をつける場合、それはすべての[6000]に見えます。

しかしながら、中林の賛成論はそのとき既に1つのメカニズムを入れていました。

勝利れるのそれが中林の賛成論への最悪の事態であるので、さらに、抽出を考慮して、彼に打たなければなりません。

また、14番目の巡および形式は5本の麻雀牌(変更されない)を引きました。



大阪の雀荘でチップ麻雀解析して



おすすめ記事


posted by Mactut at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。