2013年05月23日

大阪の雀荘は勝ち方考えよう

遠方に感じること

その麻雀は=です」ディジタルone"+「今日麻雀」(アナログ>不可思議)。

それは定式を見て成りますが[た/定式/それはよく理解されない]また、面白い基礎は「ディジタル1」および「今日麻雀」です。

それがその中のイニシアチブである(愚形式範囲)場合、ドラ--1つ--で--基本即--それがリーとして演じるし--2 --で--それは、リーとして直ちに絶対に働きます。

しかしながら、現在傾倒した雀荘では、多くのアナログ人々がまだいます。また、それが非常に言えば、正しい形式のリャンメンだけが受け取られるでしょう。

人がさらにいたので[のように]、私の範囲が流卓を実行し開かれた後「彼はこれが苦手ですか。」

それが調べるかもしれないし、空気[た/空気]が流れるかもしれない面白い

どんな種類の遠方に面白いwを感じること

常連のビジター

私が、彼らがそのような仲間であることとして理解されるので、特に苦情は言いません(戦歴がよく、また悪くないので)。しかし、満足でないタッチが送信されます。

例えばそのような手牌



大阪の雀荘



おすすめ記事


posted by Mactut at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。